高音の上手な出し方
音痴に悩む人は、特に高音のキーで苦戦することが多いですよね?

高音をきれいに発声できると、かっこいいですし聴き応えも出るので、是非練習してみましょう。

高音の練習に最適なのは、ずばりハミングです。

ハミングとは、口を開けずに「n」「m」の音だけで歌う、鼻音唱法です。

鼻歌、とも呼ばれています。

鼻から出るハミングは、割と高音が上手く発声できます。

鼻の奥や喉から声が出ている感覚がありますが、音の調節できる場所は、そこだけではありません。

ハミングでも、普通に歌うときと同じようにお腹に力を入れると声も大きく出て、高音がきれいに出ます。

普通にハミングするだけではなく、お腹を意識して、強めに発声してみましょう。

ハミングは鼻や喉に気が行ってしまいやすいですが、とにかくお腹に意識を持っていくように注意してください。

ドレミファソラシドの音階を、1オクターブずつ上げながら順番にハミングしていきます。

普通に口から声を出すときよりも、高い音が出ると思います。

かすれたりせずに発声できる限界のところが、今のあなたの実力です。

この練習を重ねていけば、ハミングでの音の領域が上がり実際に歌詞を付けて歌ってみても、高い声を出しやすくなります。

同じ歌う練習方法ですが、同居の家族や隣近所の家に聞こえる心配がないので安心です。

どこでも手軽にできるので、気が付いたときにハミングするクセをつけ付けても良いでしょう。