私はタバコを吸いますが、タバコじゃあなくて、食べ物を吸うという発想の商品が出来たらしいです。だったら、それは、食べ物じゃなくて、吸い物なのじゃないか?つまり、お吸い物なんじゃないかと思ったのが、GIGAZINEの次の記事。

肺には入らない約80〜300ミクロンというサイズのフレーバーパウダーと化したチョコレートやコーヒーの粉末を吸うというありそうでなかった経験をさせてくれるのがこの「Le Whif(ル・ウィフ)」です。カロリーは1つのLe Whifでも1キロカロリー以下しか無く、オーガニックなチョコレートを使用。コーヒーの場合にはエスプレッソ1杯分と同量程度のカフェインも実際に含まれているというなかなか変わった代物に仕上がっています。

タバコを吸うように「食べ物を吸う」という食べ物の新しい楽しみ方を経験させてくれる「Le Whif(ル・ウィフ)」

 チョコとかコーヒーのフレーバーパウダーを、『吸う』らしいです。でもなんか、そんなに新しい!とは思わない気がするのですが。タバコにもチョコレート風味とかあった気がしますのが…???

 どうせだったら、トンカツとか焼きそばとかを吸って食べれたらなぁ…と思いました。それだったら、本当に新しいと思うのですが???後、焼き魚とか吸えたら、新しいなぁ。

 ああ、吸ってみたい。