積極的で誰とでも打ち解けられるような性格の子でも実際はものすっごい勇気を

総動員させて積極的に行動し内心はビクビクしているのかもしれません。

無愛想に見えて事務的な会話しか続かない相手は嫌がっているのではなく

何を話せばいいのか分らなくて戸惑っているのかもしれません。

人見知りという性格が珍しいことではないしむしろ人見知りをする人は多いんだという

考えを持ってみるのもひとつの方法です。


よく喋り冗談の上手い子が家に帰って一人になって

 

「あー、今日は余計なくらい喋ってしまった。失敗した……嫌われたかもしれない」

 

と落ち込むこともあるでしょう。

人見知りは特定の人だけではなく自分が話しかけたくてもどうすればいいのか分らない

相手も実は隠れ人見知りかもしれません。


「お互い人見知りなんだじゃあ自分がまずは積極的に話そう」

 

そういう気持ちで接してみるといいです。


よく喋るタイプの相手に対してはその人を受け入れようという気持ちで話しかけて

受け入れて欲しい、嫌われたくないではなく受け入れる、好きになる、これが大事です。

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • ストレスを発散するには?
  • 就活メイクの基本とは?
  • ユーザー車検は難しいか?
  • 契約における印紙税違い。